全日空(ANA)40代の男性機長は誰で顔画像や名前判明?アルコール検出か

スポンサーリンク

今回は全日空で40代の男性機長がアルコール検出されたことがわかりました。

搭乗前日にビール4本を飲んだとして供述しているようです。

なぜこのようなことをしたのか、謎が深まります。

そこで今回の記事では

全日空40代の男性機長は誰で顔画像や名前判明?アルコール検出か

について取り上げます。

スポンサーリンク

全日空(ANA)40代の男性機長は誰で顔画像や名前判明?アルコール検出か

 全日空の40代の男性機長から規定値を超えるアルコールが検出されたことが分かりました。男性機長は「ビールの中瓶を4本飲んだ」と話しているということです。

 全日空によりますと、6日に福岡発羽田行きの旅客機に搭乗予定だった40代の男性機長から規定値を超えるアルコールが検出されました。このため別の機長が乗務にあたり、4つの便で最大で1時間ほどの遅れが出ました。男性機長は「気が緩んでしまい、搭乗前日にビールの中瓶を4本飲んだ」と話しているということです。男性機長は搭乗12時間前からの飲酒を禁止している社内規定にも抵触していて、全日空は「再発防止を図り、信頼回復に努めて参ります」としています。

今回は全日空の男性機長が搭乗前日前にお酒を4本飲んだということです。

現在のメディアでは顔画像や名前は公表されていません。

わかり次第にすぐに更新します。

スポンサーリンク

全日空(ANA)40代男性機長の前日

機長は乗務前日の6日午後5時5分に福岡空港へ到着して勤務を終え、宿泊先のホテルへ向かった。飲酒をしたのは午後8時ごろから午後10時ごろまでで、福岡市内の居酒屋でビール(500ml)を4本飲み、午後10時30分ごろホテルへ戻り就寝した。ANAの規定では、乗務開始12時間前までに飲酒を終える必要があり、この機長が飲酒できる時間帯は午後7時までだった。このため、アルコール値だけではなく、飲酒した時間も規定に反していた。

  • 勤務が終わった午後5時5分以降にビールを飲む4本飲む
  • 午後10時30分ごろホテルへ戻り就寝。

スポンサーリンク

全日空(ANA)40代の男性機長はなぜお酒飲んだのか?

なぜ全日空40代男性機長はお酒を飲んだのでしょうか?

40男性機長によると

「気が緩んでしまい、搭乗前日にビールの中瓶を4本飲んだ」

と語っていますが、気が緩んでしまうことはよくわかりませんよね。

プロ意識がないということだったんでしょうか?

アルコールを飲んで操縦することはできないと思いますが、お客さんからするとどういうつもりなのかとても理解し難いですよね。

たくさんのお客さんの命を預けて操縦しますから、それは考えて行動しないいけないですね・・・。

全日空(ANA)40代の男性機長に対してネット上の反応は?

  • また飲酒事件で再発防止に務めると言いながら何の効果も出てないね。
  • 飲酒運転は一発免停じゃないのかな?

まとめ・全日空(ANA)40代の男性機長は誰で顔画像や名前判明?アルコール検出か

今回の記事では

全日空(ANA)40代の男性機長は誰で顔画像や名前判明?アルコール検出か

について取り上げました。

まさかの機長が飲酒により1時間の遅れがあったとされますが、お客さんにとってはとても迷惑ですよね。

お客さんだけでなく会社にも大きなダメージになるので損害は大きいのかもしれません。

お酒を飲んだことについては気が緩んだっていうことですがプロ意識を持って欲しいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です