国母和宏の学歴や経歴は?幼少期から大天才だった!

6日に国母和宏さんが大麻の密輸で逮捕され大きな話題になっています。

国母和宏さんは幼少期から才能を発揮していて現在でも日本史上最強と言われてるプロのスノーボーダーでした。

記憶に新しいのは腰パン騒動で国民から批判をくらいそれから姿を消しましたが、現在では北海道とアメリカで行き来して暮らしてるようです。

そんな国母和宏さんの学歴や経歴が気になりますね。

そこで今回の記事では

国母和宏の学歴や経歴は?幼少期から大天才だった!

について取り上げます。

国母和宏の学歴や経歴は?幼少期から大天才だった!

今回大麻の密輸容疑で逮捕された国母和宏さんの学歴や経歴を見ていきます。

  • 名前:国母和宏
  • 生年月日:1988年8月16日
  • 出身地:北海道石狩市

国母和宏さんの高校を調べてみると登別大谷高等学校ということがわかりました。

北海道出身ということですので、北海道石狩市にある高校だと思われます。

高校を卒業した後は北海道東海大学に進学します。わりと有名ですので聞いたことがある人も多いかと思います。

大学の在学中でもプロの選手として活動をしていきました。

経歴は父親の影響もあって4歳の頃にスノーボードに出会い興味を持ちはじめました。

国母和宏さんは才能があったのか11歳の時点でプロの試験に見事合格し12歳の若さでアメリカのバートン・スノーボードとプロ契約しました。

12歳でプロ契約ですから、かなりすごいことがわかりますね!

その頃にはもう数々のスポンサーが総取りくらいの人気ぶりだったようです。

2003年には世界最大規模の大会で14歳で大会2位になりさらに注目を浴びるようになります。

2006年のトリノオリンピックでは残念ながら予選敗退となってしまいましたが、その才能ぶりは日本中でも衝撃でした。

 

国母和宏にに対してネット上の反応は?

 

まとめ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です