熊本県南特別支援学校パワハラ40代女性教諭は誰で顔画像や名前特定?男性講師がうつ病か

熊本県南の県立特別支援学校でまたもやパワハラ事件が起きてしまいました。

事件の内容は熊本県南の県立特別支援学校の49代女性教師による30代男性講師に対してのパワハラ行為によるうつ病で入院したということです。

入院するまでパワハラ行為をしていたということは相当でしょう。

今回の記事では

熊本県南特別支援学校パワハラ40代女性教諭は誰で顔画像や名前特定?男性講師がうつ病か

について取り上げます。

スポンサーリンク

熊本県南特別支援学校パワハラ40代女性教諭は誰で顔画像や名前特定?

熊本県南の県立特別支援学校に勤務していた30代男性講師が、40代女性教諭によるパワーハラスメントが原因とみられるうつ病で入院し、その後退職していたことが2日、分かった。同校の校長も「パワハラに当たる行為があった」と認めている。

 男性講師は2017年4月に赴任。男性や複数の学校関係者によると、同じクラスを担当する女性教諭は、男性に「自分より早く退勤するな」「学校を休むな」などと命じ、自分の授業をたびたび押しつけたという。

 男性は同10月ごろからめまいや頭痛、血便などの体調不良を訴えるようになり、19年1月にうつ病と診断された。自宅で自殺を図り、1週間入院。その後2カ月間休んだ。学校側は4月に女性教諭を配置転換したが、男性は回復せず、8月に退職した。

 校長と県教育委員会の聞き取りに対し、女性教諭は男性講師に対する発言の一部は認めたが、「パワハラ行為ではない」と話しているという。(2019年11月3日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

40代女性教師によるパワハラ行為により男性教師がうつ病になり入院していて2日に事件がわかったということです。

現在メディアではまだ40代女性教師の顔画像や名前はまだ公開されていませんし、特定もされていないようです。

現在わかることは

 

熊本県立特別支援学校

40代女性教師

4月に配置転換

2日にパワハラ事件が発覚した

 

40代教師は男性講師に対して

  • 「自分より早く退勤するな」
  • 「学校を休むな」

ということを命じていたということです。

またパワハラかという事件ですが、どうやら学校の世界ではよくあることだということです。

非常に残念ですが、子供が楽しいと思える学校づくりでは大人の教師がパワハラという現実なのです。

熊本県南特別支援学校パワハラ以外での事件

残念ながら学校での教師によるパワハラはよく起こることだということです。

実際に教師を経験をされていてパワハラを受けていたという方によると、

 

業務校では使い物にならず

特別高に回される

自分の考えを押さえつけてきて気に入らないと無視

他人に悪口を言われる

説教メールを押し付けてくる

 

という内容もあったそうです。

最近では男性が強いっていうより女性教師が強いっていうイメージが多いと思います。

自分の次の地位を考えて、握り潰す教師はたくさんいてものさえ言えない教師もいるんだそうです。

熊本県南の県立特別支援学校の場所はどこ?

今回パワハラが発覚した熊本県南の県立特別支援学校はどこなのでしょうか?

現在のメディアはまだ公表されていませんので、不明です。

わかり次第すぐに情報を追記します。

しかし熊本県内の支援学校は26校ほどの学校は存在します。

スポンサーリンク

熊本県南特別支援学校の男性講師がうつ病か

男性は同10月ごろからめまいや頭痛、血便などの体調不良を訴えるようになり、19年1月にうつ病と診断された。自宅で自殺を図り、1週間入院。その後2カ月間休んだ。学校側は4月に女性教諭を配置転換したが、男性は回復せず、8月に退職した。

報道によると男性講師は19年の1月に医師からはうつ病と診断され、自宅で自殺を図ったといういうことです。

 

スポンサーリンク

熊本県南特別支援学校対してのネット上の反応は?

記事のようなことは、学校ではゴマンとあることです。
自分も以前、講師をしていた特別支援校で、とんでもない教員からパワハラを受けました。
義務校では使いものにならず、特支校にまわされ、その本体でもはじかれて、自分がいる部署にまわってきました。
この記事の被害者と同じで、自分の考えを押し付けてきて、気に入らないと無視、他の人に私の悪口、説教メールを送りつけられたり。その教員の言うことを聞くようにしても、言ってることが日によって違い、その日の気分で当たり散らされ。担当の子どもと保護者、その教員の間に挟まれ、最後はめまい、不眠に陥り、自分の身体がもたない、と思って退職しました。
上司や校長に何度も訴えましたが、正規教員であるそいつの肩を持つばかり。「受け取り方の問題だ」と言われ、学校自体が腐っている、と思いました。
今、この時期だったら、あの所業をマスコミにリークできたなあ、と考えています。

 

役人根性=特権意識だと思う。しかし、人間はみな、平等。努力した結果や特別な能力で尊敬されることはあっても、その能力を誇示したり、地位を利用して他人に不当に圧力を掛けるなどは論外。体質を根本から直す必要があると思う。自分は不当な圧力とは思わなくとも、相手から見てどう感じられているかを考えるだけの繊細さが、これからの社会では必要とされているのだと思う。

 

パワハラした教師への厳しい処分を望みます。今後の社会の指針になるような処分を。時代は変わっています。それなりにキャリアを積んできた1人の教師がいなくなること。その損失は大きいはずです。国内で起こっている負の連鎖を断ち切るためには、パワハライコール犯罪の認識を浸透させることが必要では。

 

自分でパワハラしたと認める人はいないでしょう。
教員だからニュースになるのかな?
私も壮絶なパワハラを受け自殺を図った過去がありますが会社も本人も認めず労災にもならずでしたよ。結局は鬱で休職し訴訟にしましたが…
上司の暴言のメモや、嫌がらせの社内メールを取っておいたので証拠品と認めてもらえました。

 

教諭に限らず、上下関係がある以上どの業界でも有り得ることです。
最近は、講師、派遣など本採用との差別があり、仕事内容が同じでも立場が差ができている為になくならないと思う。
このような制度にした政府、国が悪いと思う。?
自分が自ら選んだ道でもある。

 

自分の仕事を押し付けて、休ませない、帰らせないのはパワハラだから。加害者は言葉の意味がわからないのかな。加害者が認めなければ違うってものではない。とぼけた者勝ちではないから。客観的に証拠は残ってるんじゃない?勤務の記録とか授業の記録で。わざとじゃないとか悪気じゃ無かったというのも、パワハラじゃない理由にはならない。わざとじゃなくてもダメなものはダメですよ

 

なんでこんな人間が教師出来るの?
被害を受けた男性も可愛そうだが、こんな先生の指導を受ける生徒のことを考えると悲しい気持ちになる。
学校や教育委員会も問題が起きるまで、対応できないことも罪は重い。
教員免許も更新制度にしないとダメか?
とにかく、問題ある教師を教育現場から排除する制度を作らないと、生徒のためにならない。
でも、私が子供ころも問題あると感じた先生はいたから、生徒側もこういう大人にはならないと思えるような心構えも必要かな?

 

特別支援学校の教諭です。様々な問題を管理職に話しても、自分の次の地位を考え、握り潰す輩がたくさんいます。だから、ものを言わない人が増えます。その問題女性教諭は担任外してほしいですね。管理職もその方に言わないでしょうから、県から。

まとめ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です