進藤遼佑君の父親が怪しい犯人?シングルマザーで再婚の可能性は?

埼玉県さいたま市見沼区大谷で小学4年生の進藤遼佑(しんどうりょうすけ)君が集合住宅の2階で何者かにより遺体を遺棄れたという衝撃的な事件が起こりました。

外部からの侵入が困難だということと父親が無職だということでネット上では一気に父親に疑いの目が向けられています。

✔️そこで今回の記事では

進藤遼佑君の父親が怪しい犯人?

シングルマザーで再婚の可能性は?

について調べてまとめていきたいと思います。

進藤遼佑君の父親が出てこない理由は?犯人疑惑が浮上?

2019年9月19日

スポンサーリンク

進藤遼佑君の父親が怪しい犯人?

さいたま市見沼区の集合住宅内で小学4年進藤遼佑君(9)の遺体が見つかった事件で、遺体が発見されたメーターボックスには鍵が掛かっておらず、誰でも入れる状態だったことが19日、捜査関係者への話で分かった。

埼玉県警は別の場所で襲われた後、ボックス内に運び込まれた可能性が高いとみている。

住宅周辺は人通りが多いが、事件の有力な目撃情報などは確認されておらず、県警は殺害場所の特定を急いでいる。

捜査関係者によると、進藤君の遺体は18日未明、自室の玄関ドア近くにある扉付きのメーターボックス内で、座って後ろに寄り掛かった状態で見つかった。首を絞められた痕があり、死後数時間が経過していた。靴は履いていなかった。

ボックスには水道などのメーターが収納されており、鍵は付いていなかった。内部は狭く、大人が入り込むのは困難で、県警は殺害現場は別の場所とみている。

まず進藤遼佑君が発見された場所が

自宅向かいのメーターボックス

だということです。

この時点で異様な事件ですが、なぜメーターボックスだったのでしょうか?

とても狭い範囲での事件ですし、外部からの侵入なども考えにくくこと、そして父親が無職だということです。

このことからネット上では一気に父親に対して疑いの目が迎えられています。

進藤遼佑君の父親に疑いの目の理由その2

父親に疑いの目が向けられているということですが、他にはどのような理由があるのでしょうか?

父親は無職であり近所の人によると父親の姿を見たことがないと言ってる人が多いんだそうです。

このことからさらに普通ではないことがわかります。

  • 父親が32歳
  • 母親が42歳

だということで父親が10歳以上も年下ということと無職だということでこれだけでも何か怪しい感じが出ていますね。

スポンサーリンク

進藤遼佑君の母親はシングルマザーで再婚の可能性は?

進藤遼佑君の母親はもともとシングルマザーだったのでしょうか?

母親と父親が歳の差ということでも話題になっていますが、進藤遼佑君は9歳だということでもし父親の実子だとすると、父親が23歳のときに結婚し進藤遼佑君を育てたということになります。

23歳なのでかなり若いですし、母親の連れ子だったという可能性も挙げられます。

進藤遼佑君の対してネット上の反応は?

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では

進藤遼佑君の父親が怪しい犯人?

シングルマザーで再婚の可能性は?

についてまとめてみました。

今回起きた遺体遺棄事件で一気に父親に怪しい目が向けられていますが、普通に考えるとかなり怪しいようにみえますね。

しかし事実が異なると父親としてはかなり辛いことになりますがどうなんでしょうか。

今後明るみになり時間の問題だとは思いますが、真実はどうなのかかなり気になりますね。

今後の速報にも注目してまた更新していきます。

進藤遼佑君の父親が出てこない理由は?犯人疑惑が浮上?

2019年9月19日

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です