企業

【画像】新型iPhone2019のタピオカメラのデザイナーは誰?デザインした理由は?

スポンサーリンク

2019今年も新型iPhone 11/11 Pro/Pro Maxが発売さると予想されますが、2019年の新型iPhoneがネット上で気持ち悪すぎると話題なっています。

その気持ち悪すぎる新型iPhoneをデザインした方は一体誰なのでしょうか?なぜそのデザインにしたのかとても気になりますよね。

✔︎そこで今回の記事では

【画像】新型iPhone2019のタピオカメラのデザイナーは誰?

デザインした理由は?

について調べてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

【画像】新型iPhone2019のタピオカメラのデザイナーは誰なの?

タピオカメラと呼ばれてるようですが、とてもデザインが独特ですよね。

タピオカメラをデザインした方は一体誰なのでしょうか?

iPhoneマニアの間では知っている人も多いかと思いますが、イギリス人のジョナサン・ポール・アイブさんという方がデザインされています。

ジョナサン・ポール・アイブさんはiPhoneだけでなく、iPadやMacなど幅広い製品のデザインを手がけている方です。

iPhone 11/11 Pro/Pro Maxの動画がYoutubeでアップされています。

動画や画像を見てみると、カメラの部分が今まで1つだったのが3つになっていることがわかりますね。

カメラが3つになっているということでネット上では

 

  • タピオカみたい
  • 気持ち悪い

 

という声が多くあがっています。

特に、集合体が苦手な人にとってはとてもきついデザインだと思います。

スポンサーリンク

新型iPhoneをデザインした理由はなに?


ネット上で「タピオカ」と言われていますが、なぜこのようなデザインをしたのでしょうか?

今年発売されるよ予想されるiPhone 11/11 Pro/Pro Maxのカメラには3つのレンジを使用したトリプルカメラが搭載され、

 

  • ズームしても画質が悪くならない
  • 遠くからズームしても写真の画像の粗さが目立たず、スマートフォンのカメラの常識を覆してくれる
  • 複数のレンジで撮った写真を合成して1枚にできる

 

というメリットがあります。

これらを実現するにはどうしてもタピオカのようなデザインが必要だったのではないでしょうか。

カメラを1つにまとめて大きくするというのも何か問題ありそうだと思いました。

iPhone 11/11 Pro/Pro Maxを使用することによって、

 

  • 綺麗な写真を撮りたい人
  • プロの技術が必要だったスキルをiPhone1つで作れる

 

というメリットがあることがわかりました。

それでも、デザインのせいで性能が良くても

 

  • 買いたくない

という人まで現れました。

確かに、いくら性能が良くてもあのデザインじゃなきゃ実現できなかったのか・・・と思いました。

毎年新作iPhoneを楽しみにしてるファン・マニアの方からするととても残念だと思います。

使用すると何か周りから言われそうで、気にしますよね。

スポンサーリンク

新型iPhone2019に対してネット上の反応は?

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では

【画像】新型iPhone2019のタピオカメラのデザイナーは誰?

デザインした理由は?

についてまとめてみました。

カメラの性能は以前より高機能になりそうですが、デザインだけに買いたくないという人が多いようで、これは失敗か?と思いました。

周りからもいじられそうですしちょっと嫌ですよね。

そんなことは気にせず、写真が大好きという方にはとてもオススメだと思いました。

今年の発売まで注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

ABOUT ME
oknk31715
世の中のホットなニュースをお伝えしていきます。 主に芸能関係の発信をしています。