タレント

湯浅実の死因と病名は何でいつから病気だった?顔画像はある?

日本の俳優でありNHKの中学生日記に風間先生として出演した有名な湯浅実さんが3日に亡くなったというニュースが入ってきました。

湯浅実の死因や病名ってなんでしょうか?そして、いつから病気だったのかも気になりますね。

そこで今回の記事では

湯浅実の死因は?

病名は何?

いつから病気だった?

顔画像はある?

について調べてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

湯浅実の死因は?

NHKドラマ「中学生日記」の風間先生役で知られる俳優の湯浅実(ゆあさ・まこと)さんが3日午前2時3分、誤嚥(ごえん)性肺炎のため東京都内の病院で死去した。

84歳だった。中国東北部生まれ。葬儀は10日午前10時から東京都渋谷区西原2の42の1の代々幡斎場で。喪主は妻寛子(ひろこ)さん。

NHK俳優養成所を卒業後、演劇集団「三十人会」を結成。1969年に劇団青年座に移り、「夜明けに消えた」「大菩薩峠」などに出演した。75年から82年まで「中学生日記」に出演し、お茶の間に親しまれた。同年からテレビ朝日系の情報番組「こんにちは2時」の司会を務めた。

湯浅実さんの死因は肺炎だということです。

湯浅実の病名は?

湯浅実さんの病名は誤嚥(ごえん)性肺炎だということです。

誤嚥(ごえん)性肺炎というのは、人間の食道や気管の機能が鈍ってしまい気管に入り込んでしまった物を排出できなくなった場合に起こる肺炎だということです。

そして、睡眠中などにも唾液でさえ気管に入り肺炎を起こすことがあるみたいです。

とても怖い病気ですよね。

誤嚥(ごえん)性肺炎が起こる症状として

誤嚥(ごえん)性肺炎の可能性がある症状としては

  • 呼吸が苦しくなる
  • 発熱
  • 激しい咳

などがあげられます。

特に高齢者の方にはこのような症状があればすぐ病院で確認した方が良さそうですね。

湯浅実はいつから病気だった?

湯浅実さんはいつから病気だったんでしょうか?

湯浅実さんは84歳ですのでもしかしすると寝たきりだった可能性があります。

寝たきりの場合だと高齢者では、誤嚥(ごえん)性肺炎という病気が起こりやすいそうです。

ですので、いつからかは本人から何も言ってないようですが日々の寝たきりの生活により起きたのかもしれませんね。

湯浅実の顔画像はある?

湯浅実さんはSNSをやっていないみたいなので現在の写真を見つけることはできませんでした。

中学生日記に出演していた時の映像がありましたので気になる方はどうぞ。

ネット上の反応

◆当時中学生日記を見ていたので大変驚きでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

主に中学生日記で有名だった湯浅実さんでしたが亡くなられてとても残念でした。

この活躍はファンは忘れないと思います。

湯浅実さんにご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

ABOUT ME
oknk31715
世の中のホットなニュースをお伝えしていきます。 主に芸能関係の発信をしています。