企業

ZOZO社長ツイート謝罪の内容とは!炎上商法で空気読めない?

世間をよくお騒がせするZOZOの社長である前澤友作社長ですが宮迫博之さんと田村亮さんの謝罪会見であるツイートをしたらまたも炎上したようです。

今年に入ってからはおとなしくすると公言するも炎上しまったのはなぜなんでしょうか?

そこで今回の記事では

ZOZO社長ツイート謝罪の内容とは!炎上商法で空気読めない?

について調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

ZOZO社長ツイート謝罪の内容とは!

ZOZOの前澤友作社長(43)が、吉本興業から契約解除されて会見を行ったお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)に関する発言で批判を浴び、真意を説明して謝罪した。

前澤氏は20日、「宮迫さんの会見ちょっと見たけど、神妙な顔して謝罪してるのになぜかくすっと笑ってしまった。存在や佇まい自体が面白いキャラ確立してるってすごいことだよな。まだまだ活躍する人だなって思った」とツイート。続けて「会見場の雰囲気やライティング、お二人のメイク、事務所の暴露話、どれをとってもしっかり作り込まれているように感じた。とても反省はしているんだろうけど、このお二人、いろいろ諦めていないと思う」などと分析した。

このツイートに批判の声が多数寄せられ、21日に「ただ謝るだけでなく、事務所とのやり取りなど真実を伝えようとする会見でのお二人の真摯で反逆的で諦めない姿を見て、まだまだ活躍して欲しいと応援のつもりでツイートしたんですが、伝わりませんでしたね。すみません」と真意を説明して謝罪。「いつも笑かしてくれる人の泣いている姿に感情が異常に刺激され、ここは冷静に斜め上からと思って書きましたが、ストレートに言うと『負けるな頑張って!』です」と、あらためて宮迫らへの思いをつづった。

またも世間をお騒がせてしまった前澤友作社長ですが、今回の炎上は謝罪会見をみて謝罪しているのにもかかわらず笑ってしまったとツイートし炎上してるようです。

たしかに、良いとは言えませんが今回の謝罪で国民が謝罪会見をみて笑った人はどれくらいいるとおもいますか?半分以上は笑って時には泣いたと思います。

炎上商法で空気読めない?

それだけで炎上するのもどうなのかなと思いますが、もしかしすると最近話題が薄れたのかわざとツイートし炎上商法をしたのではないか?と予想もしてみました。

もし炎上商法でなければただたんに空気が読めない人なのかな?とも読み取れます。

実際にネット上では「空気読めない」と言われています。

前澤友作社長はやっぱり実績もすごく賢い人ですが、炎上したのは狙い通りなんでしょうか?有名人は大変だなとつくづく実感しました。

SNSの反応は?

https://twitter.com/ef2bez/status/1152744628061216769

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回もまた炎上してしまい、批判を食らった前澤友作社長ですがもしかししたら炎上商法かもしれませんね。

それか、本当に空気が読めないのか。ここで大企業を作り賢い前澤友作社長ですので個人的にはわざとだとおもいました。

吉本興業だけではなく前澤友作社長にも今後注目していきたいとおもいます。

スポンサーリンク

ABOUT ME
oknk31715
世の中のホットなニュースをお伝えしていきます。 主に芸能関係の発信をしています。