歌手

【死去】ジョアンジルベルトの死因はなに?数年前から体調崩していた

ジョアン・ジルベルトさんが6日リオデジャネイロの自宅で死去したとニュースが入ってきました。

ジョアン・ジルベルトさんはサンバとジャズを融合させたボサノバ音楽を作ったすごい方で「ボサノバの神様」と言われるほどです。

しかしなぜ死去してしまったのか。

そこで今回の記事では

ジョアンジルベルトの死因はなに?数年前から体調崩していた

について調べてみました。

スポンサーリンク

ジョアンジルベルトの死因はなに?

ブラジルの音楽ジャンル、ボサノバの生みの親の一人で「ボサノバの父」「ボサノバの法王」とも呼ばれた、歌手でギタリストのジョアン・ジルベルトさんが6日、リオデジャネイロの自宅で死去した。88歳。ブラジルのメディアや英BBCなどが速報で伝えた。

1958年、作曲家のアントニオ・カルロス・ジョビン、作詞家のビニシウス・ジ・モラエスと「想いあふれて」を発表。自らも歌い、64年に妻(後に離婚)アストラッド・ジルベルトが英語で歌った「イパネマの娘」が世界的に大ヒットし、ボサノバは世界で聴かれるようになった。

日本には2003年に初来日し、その模様はアルバム化(「ジョアン・ジルベルト・イン・トーキョー」)された。04年、06年にも日本公演は開かれ、「伝説の公演」といわれた。今年3月には、06年の東京国際フォーラムでの公演の模様を映画化した「ジョアン・ジルベルト ライブ・イン・トーキョー/JOAO GILBERTO LIVE IN TOKYO」が上映されたばかり。8月には、08年以降、表舞台に登場しなくなったジルベルトの行方を追った映画「ジョアン・ジルベルトを探して」の日本上映が決まっている。【油井雅和】

死因としては、現在のところ不明だということです。

ジョアン・ジルベルトさんは88歳でしたので何かしらの病気を持っていた可能性も十分に高いと思いますが死因が気になりますね。

音楽界ではかなりすごい人だということでファンの方はショックですよね・・・。

日本で公演もしていた

ジョアン・ジルベルトさんは日本でも2003年に来日公演をしていました。

場所は東京国際フォームで超満員の大人気だったそうです。

やはりすごい方だと改めてわかりました。

しかし、その公演で理由はわかりませんが1時間遅れたそうですが「ホテルをでた」というアナウンスで会場が沸いたそうです。

かなり期待されてることがわかります。

プロフィール

  • 名前:ジョアン・ジルベルト
  • 生年月日:1931年6月10日
  • 出身:ブラジル
  • 職業:歌手、ギタリスト
  • 数年前から体調崩していた

ジョアン・ジルベルトさんはブラジルで生まれ父からギターをもらいバンド活動することになります。

そのあとは学校を退学してまで音楽に集中することになり数々のラジオ番組で出演されています。

数年前から体調崩していた

ジョアン・ジルベルトさんは実は数年前から体調を崩していたそうなんです。

やはり病気だったのでしょうか?

死因は公表されていないためなんとも言えませんが昔からの病気の影響で亡くなったという可能性も高いですよね。

非常に残念です。

SNSの反応は?


https://twitter.com/tomoki_morgan/status/1147905960863657984

まとめ

いかがでしたでしょうか?

死因はまだ公表されてませんが昔から患っている病気が原因かもしれませんね。

日本でも多くのファンに愛されたジョアン・ジルベルトさんにご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

ABOUT ME
oknk31715
世の中のホットなニュースをお伝えしていきます。 主に芸能関係の発信をしています。