タレント

庄村聡泰が診断された局所性ジストニアってどんな病名?活動復帰はいつ?

19日、4人組バンドのALEXANDROS庄村聡泰さんが公式ツイッターを更新ししばらくの間活動をお休みさせていただくと報告したというニュースが入ってきました。

活動休止の理由は局所性ジストニア(きょくしょせい)という病名のためだそうです。

そこで今回の記事では、局所性ジストニアってどんな病名?

活動復帰はいつ?

についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

局所性ジストニアってどんな病名?

 

4人組バンド・「ALEXANDROS」(アレキサンドロス)が19日、公式ツイッターを更新し、ドラムス・庄村聡泰(さとやす、35)が「局所性ジストニア」のためライブ活動を休止することを報告した。

公式ツイッターでは「突然ではございますが[ALEXANDROS]ドラムス庄村聡泰はしばらくの間、ライブ活動をお休みさせていただく事をお知らせ致します」と報告。

「2019年4月に疲労の蓄積による筋筋膜性腰痛症の加療のため、しばらく休養をいただいておりました。この腰痛とは別に『バスドラムがうまく踏めない』という症状もあり、5月の終わりに精密検査を受けたところ『局所性ジストニア』との診断を受けました」と症状を明かし、「今まで通りの演奏をするには充分な治療期間を取る必要があると判断し、しばらくの間ライブ活動はお休みさせていただきます」と説明した。

「メンバー・スタッフで協議を重ねた結果、ライブ以外の活動は医師と相談の上、可能な範囲で継続していく所存です。一日も早く、みなさまの前で演奏ができるよう治療に努めて参ります」とし、今後のライブ活動に関しては「基本的にBIGMAMAのリアド偉武がドラマーとしてサポートする予定です」とした。

ファンには「応援していただいている皆様、関係者の皆様にはご心配をおかけしますがどうかご理解くださいますようお願い致します」と呼びかけた。

あまり聞いたことがない局所性ジストニア(きょくしょせい)ってどんな病気なんでしょうか?

 

簡単にいうと、筋肉収縮を引き起こしこの収縮で姿勢異常が生じ、手、指、首、眼瞼、喉頭、下顎骨のような身体の一部に影響がでるような病気だそうです。

 

この病気は全国で二万人いて知名度は低いです。

 

そして、身体が意思とは関係なしに動いてしまうので、これは脳の病気だという事です。

 

やはりバンドのグループですからこれに問題が起きると致命的ですよね。

 

実は、庄村聡泰さんは4月に疲労の蓄積による筋筋膜性腰痛症の加療のため、一時休養していました。

 

また病気かと、かなりショックですよね。

 

もちろん本人もとてもつらいと思います。

 

しかも、効果的な原因療法は確立されていないとのこと…。

 

今まで通りの演奏するには治療期間がとる必要があるとのことでライブ活動を休止したそうです。

過去に同じ病気にかかった芸能人はだれ?

過去に同じ病にかかった芸能人がいます。

 

気志團の白鳥雪ノ丞さん

 

2014年3月に病にかかり休止をしています。

活動復帰はいつ?

病気による対症療法としては、薬物治療やボツリヌス毒素の局部注射療法、定位脳手術があるみたいでレボドパを適切な時期に服用を開始し、投与を継続することにより、症状はほぼなくなるみたいです。

 

さきほど書いたように気志團の白鳥雪ノ丞さんはこの病で半年かけて治療したそうです。

 

ですので庄村聡泰さんのバンド復帰は早くて半年といったところでしょうか。

 

ファンからしたらはやく復帰してもらってライブに行きたいですよね。

SNSの反応は?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

あまりにもつらい病にまたかかってしまいました。

ファンはずっと待っているとおもいます。

ゆっくりでいいのでちゃんと完治してまたライブで元気な姿がみたいですね。

スポンサーリンク

ABOUT ME
oknk31715
世の中のホットなニュースをお伝えしていきます。 主に芸能関係の発信をしています。