スポーツ選手

佐藤友祈選手の経歴や家族構成は?そして車いす陸上選手になった理由!

みなさん、こんにちは!

佐藤友祈選手がNHKの番組で出演されました。

佐藤友祈選手は現在世界記録を4つ持っていたりと素晴らしい経歴の持ち主の選手です。

そんな期待の佐藤友祈選手の経歴や家族構成など車いす選手になった理由について詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

佐藤友祈選手の経歴

まずは、佐藤友祈選手の経歴やプロフィールを見てみます。

生年月日 1989年9月8日
出身 静岡県藤枝市
身長 183cm
体重 77kg
趣味 囲碁、映画鑑賞、旅行、ゲーム
ニックネーム トモちゃん、サトちゃん
好きな食べ物 ラーメン、海老、蟹、寿司
苦手な食べ物 コンニャク、キクラゲ

静岡県藤枝市出身で静清工業高校卒業します。卒業後は県内の水産加工会社に勤めましたが、半年後に退職しました。

 

ある時演劇の仕事を夢見て上京しましたが、21歳の時に脊髄炎になり、左腕が麻痺し、下半身の感覚を失ったようです。

 

2010年10月 脊髄炎を発症し車いす生活に。

 

2014年4月 国立職業訓練校 入所(岡山県)

 

2015年8月 国立職業訓練校 退所

 

2015年9月 株式会社グロップサンセリテ 正社員として入社(岡山県)

 

脊髄炎を発症し車いす生活になったそうですがいまだ原因不明なようです。

 

急に車いす生活になるってとてもつらいしですし大変ですよね・・・。

 

実際には、車いす生活になってからは当時外出する機会も減ったそうです。

 

そこからプロの選手を目指すって相当すごいことだと思います。

所属する会社

佐藤友祈選手が所属する会社は、グロップサンセリテです。

こちらが岡山県に本社を置く人材派遣会社・株式会社グロップの子会社です。

 

この会社では主に障がいを持った人達を採用してるようでして、

 

請負事務・経理事務・給与事務・庶務・データ入力請負・システム構築・コールセンター事務・電話オペレータ・封入・発送・検品・フォークリフトオペレータ・清掃・環境整備・リサイクルなど幅広いサービスを提供してるようですね!

世界記録

佐藤友祈選手は数々の世界記録を記録してるんです。

 

それがこちら。

 

2017年7月 世界パラ陸上競技選手権大会ロンドン2017 T52 400m 1500m 金メダル二冠達成

 

2018年7月 第23回関東パラ陸上競技選手権大会 T52 400m・1500m 世界記録更新

 

どうですか?すごいですよね。

 

プロになっては、素晴らしい記録を残し続けてるんです。

 

車いす生活の絶望から這い上がりここまできました。

主な経歴

2017年 世界パラ陸上競技選手権大会ロンドン2017  400m 金メダル(GR) 1500m 金メダル
2017年 関東パラ陸上競技選手権大会 100m 400m 優勝 1500m 優勝(AR)
2017年 日本パラ陸上競技選手権大会 100m 優勝 400m 800m 1500m 優勝(GR)
2017年 Desert Challenge 400m 金メダル 800m 金メダル(NR)
2017年 大分パラ陸上2017 100m 優勝(AR) 400m 800m 優勝
2017年 Dubai 2017 World Para Athletics GP 400m 1500m 金メダル
2017年 全国車いす駅伝競走大会 岡山チーム 3位
2016年 リオデジャネイロパラリンピック 400m 1500m 銀メダル
2016年 ジャパンパラ陸上競技大会 100m 400m 1500m 優勝
2016年 日本パラ陸上競技選手権大会兼リオパラ日本代表選考会 400m 800m 1500m 優勝
2015年 大分国際車いすマラソン大会フル 2位
2015年 IPC陸上競技選手権大会 400m 金メダル 1500m 銅メダル
2015年 ジャパンパラ陸上競技大会 100m 400m 1500m 優勝
2015年 日本パラ陸上競技選手権大会 100m 2位 400m 800m 1500m 優勝
2014年 大分国際車いすマラソン大会ハーフ 優勝
2014年 日本パラ陸上競技選手権大会 400m 1500m 3位、800m 2位

すごすぎる(笑)才能の塊ですね!

主な受賞歴

2018年 平成29年度OHKスポーツ功労賞 特別賞
2018年 平成29年度公益財団法人日本障がい者スポーツ協会会長表彰 特別賞
2017年 第14回マルセンスポーツ特別賞
2017年 岡山市人見絹枝スポーツ顕彰 特別スポーツ栄誉賞
2017年 岡山県スポーツ特別顕賞
2017年 静岡県体育章 特別優秀選手章
2017年 第56回岡山スポーツ賞 栄誉賞
2017年 第65回静岡新聞社・静岡放送 スポーツ賞 特別賞
2017年 第1回日本パラスポーツ賞 新人賞
2017年 第75回山陽新聞体育栄誉賞
2016年 毎日スポーツ賞 新人賞
2016年 第13回マルセンスポーツ賞
2016年 静岡県知事特別賞
2016年 パラリンピック特別賞 日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会(JPC)
2016年 岡山県県民栄誉賞
2016年 スポーツ功労者等文部科学大臣顕彰・国際競技大会優秀者等表彰
2016年 平成27年度公益財団法人日本障がい者スポーツ協会会長表彰 特別賞
2016年 第55回岡山スポーツ賞
2016年 第74回山陽新聞体育賞

車いす陸上競技について知らない人はあまり見たことがない受賞だとおもいますが、とんでもない受賞でしょうね!

佐藤友祈選手の家族構成は?

家族構成はどうなんでしょうか?

 

まずは、父親はなんとレスリングの元国体選手だそうです。

 

やはりDNAが強そうです(笑)

 

母親と兄弟の情報は調べてみましたがでてきませんでした。

 

なので、おそらく母親は一般の方だとおもいますが兄弟がいるかどうかはわかりませんでした。

車いす陸上選手になった理由!


これだけ強い佐藤友祈選手ですが陸上選手になったキッカケってなんだったんでしょうか?

 

2012年に開催されたロンドンオリンピックパラリンピックありましたよね?

 

あれをみて「パラリンピックに出る!」と決意したそうでそれから2012年の11月に競技を始めたそうなんです。

 

テレビでみて普通「オリンピックに出る!」って思いますか?(笑)

 

なかなかいないですよね!なにかやはり心にくるものがあったんでしょうか?

 

そして、競技環境を求めて2014年の4月に岡山県へいくことになります。

 

その一か月後の5月からパラリンピアンの松永仁志さんの指導で初めて2年目に大分県で開催された国際車いすマラソン大会「ハーフ」見事優勝!したそうです。

 

才能開花するのがはやすぎますよね!

 

もちろん、指導者も素晴らしいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

急に車いす生活になり外出も減り落ち込んでた矢先ロンドンオリンピックをみてプロを決意した佐藤友祈選手でしたが本当にすごいですよね。

車いす生活でさえ大変なのにそこからプロを目指すとは相当な努力だったと思います。

これからのオリンピックに向けて佐藤友祈選手が優勝や素晴らしい成績を願い応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

ABOUT ME
oknk31715
世の中のホットなニュースをお伝えしていきます。 主に芸能関係の発信をしています。